カーペンターズ Carpenters LOVE♪

0

次試玩

2.5

顆星

下載
カーペンターズ(Carpenters)はリチャード・カーペンター(Richard Carpenter)とカレン・カーペンター(Karen Carpenter)の兄妹ポップス・デュオ。若くして世界のスーパースターとなった。しかし、カレンが、その当時、あまり知られていなかった精神疾患である拒食症になり、食物を吐き出すための薬物を常用。そのために弱った心臓が麻痺し、わずか32歳の若さで急死した。非常に明るい側面と暗い結末を持つカレン・カーペンターとカーペンターズの魅力のすべてを動画で表現します。収録曲は、I'll Be Yours、looking for Love、涙の乗車券(Ticket to Ride)(原曲はビートルズ。作詞作曲ジョン・レノン&ポール・マッカートニー)、ワンダフル・パレード(Your Wonderful Parade)、遥かなる影((They Long to Be)Close to You)(カーペンターズ初のビルボード誌1位)、愛しつづけて(I Kept on Loving You)、愛のプレリュード(We've Only Just Begun)(元々は新婚カップルにアピールするための銀行のCMソング)、私のすべてをあなたに(All of My Life)、メリー・クリスマス・ダーリン(Merry Christmas Darling)、ミスター・グーダー(Mr.Guder)(ディズニーランドのコカコーラ販売コーナーでアルバイト中に作曲した作品、ハーモニーが美しい曲)、ふたりの誓い(For All We Know)、恐れないで(Don't Be Afraid)、雨の日と月曜日は(Rainy Days and Mondays)、サタデイ(Saturday)、スーパースター(Superstar)(作詞作曲はレオン・ラッセルとボニー・ブラムレット)、動物と子供たちの詩(Bless Beasts and Children)、ハーティング・イーチ・アザー(Hurting Each Other)、小さな愛の願い (It's Going to Take Some Time)、ア・ソング・フォー・ユー(A Song for You)、フラット・バロック (Flat Baroque)(リチャード・カーペンター・トリオというジャズ・トリオで活動していたときに作曲した作品)、愛にさよならを(Goodbye to Love)(最初のパワーバラードとされている曲、トニー・ペルーソのギターソロが印象的なナンバー)、クリスタル・ララバイ(Crystal Lullaby)、シング(Sing)(テレビ番組「セサミストリート」の挿入歌として発表された曲、ジミー・ジョイス少年少女合唱団がコーラスで参加、大阪公演で京都少年少女合唱団と共演した音声「ライヴ・イン・ジャパン」、東京公演でひばり児童合唱団と共演した映像、DVD「ライブ・イン・ジャパン」、日本語ヴァージョン、スペイン語ヴァージョンあります)、イエスタデイ・ワンス・モア(Yesterday Once More)(日本のオリコンで5位、洋楽の5位は大ヒット、ラジオで聴いていたオールディーズを懐かしむという内容の歌、1974年の武道館でのライブ映像もあります)、明日への旅路 (Road Ode)(作詞ダン・ウッダムズ、作曲ゲーリー・シムズ、ダン・ウッダムズとゲーリー・シムズはスペクトラムズのメンバー、スペクトラムズはカーペンターズとしてデビューする前に、リチャードカーペンターが結成したグループ、リチャード・カーペンターはジャズ・トリオであるリチャード・カーペンター・トリオを結成してバンドコンテストで優勝したがレコード会社で「その曲は売れない」と判断され、歌とハーモニー中心のバンド、スペクトラムズを結成した)、トップ・オブ・ザ・ワールド(Top of the World)(ホワイトハウスでのライブ映像あり、1981年のテレビ番組の映像あり、カレン・カーペンターは痩せ細っている、これは単なる過度のダイエットではなく、神経性無食欲症(拒食症)(anorexia nervosa)という精神疾患、カレン・カーペンターは1982年からニューヨークの著名な心理セラピスト、スティーヴン・レヴェンクロンの治療を受けるためにニューヨークに移り住み、治療に専念することとなった)、ヘザー (Heather)、ジャンバラヤ (Jambalaya (On the Bayou))、愛は夢の中に (I Won't Last a Day Without You)(椎名林檎と宇多田ヒカルがデュエットでカバーしている)、プリーズ・ミスター・ポストマン(Please Mr. Postman)(マーヴェレッツがリリースしたシングル、カリフォルニア州、アナハイムのディズニーランドで撮影された映像あり)、マスカレード (This Masquerade)、サンタが街にやってくる(Santa Claus Is Coming to Town)(クリスマス・ソングのスタンダード)、オンリー・イエスタデイ(Only Yesterday)(ハンティントン・ガーデンで撮影された映像あり)、ハッピー(Happy)、ソリテアー(Solitaire)(ニール・セダカの1972年のアルバムに収録されている曲、ソリテアーはトランプの一人遊び。孤独な男がトランプの一人遊びのような愛のない人生を送っているという歌)、愛は木の葉のように(Love Me For What I Am)、見つめあう恋(There's a Kind of Hush (All Over the World))、グッバイ・アンド・アイ・ラヴ・ユー((I'm Caught Between) Goodbye And I Love You)、青春の輝き(I Need to Be in Love)(作曲アルバート・ハモンド、1995年に日本のテレビドラマ「未成年」でエンディングテーマに取り上げられ、カーペンターズを知らない世代にも好評であった)、サンディー(Sandy)、グーファス(Goofus)、夢の小舟(Boat to Sail)、悲しき慕情 (Breaking Up Is Hard to Do)、愛のキャンドル・ライト(I Have You)ラヴ・ソング(Love Songs)(1997年にリリースされたカーペンターズのベストアルバム、シングル曲を中心として20曲のラブ・バラードが収録されている、6ヶ月以上のロングセラーとなり、売上枚数が50万枚以上となるゴールドアルバムに認定された)。主要曲のカラオケ(karaoke)も入っています。カレン・カーペンターの英語の発音は明瞭で、英語教材、特にヒアリングの教材として用いられることもあり、特に日本人でカーペンターズが好きで、英語が好きになり、英語の専門職についた人もいます。

カーペンターズ Carpenters LOVE♪ - 更多資訊

開發者

B.MONE

版本

ver 5

價格

Free

分類

音樂與音效

更新時間

06月 15, 2016

APP 市集

google

App 作業系統

Android

カーペンターズ Carpenters LOVE♪ - 標籤